四条通の地下道にタイムトンネルがありました

四条通の地下道を歩いていると「みんなの写真展~四条地下道タイムトンネル~」と書かれた看板がありました。どうやら写真展のようです。

明治維新の京都は人口が以前の2/3に減少し、都市衰退の危機に陥りました。しかし京都市民は100年後、200年後の未来を見据えていたそうです。その市民ぐるみで取り組んだ復興のキセキを写真とともに紹介されていました。

上記の年表によれば

日本初の博覧会が西本願寺で開催されたのが明治4年。

第1回都をどりが開催されたのが明治5年。

西南戦争が明治10年。

日本初の工業高校(現京都工学院、昔の伏見工業)ができたのが明治19年。

琵琶湖疎水の完成が明治23年。全てが日本人の手による最初の大土木工事だそうです。

日清戦争が明治27年。

平安神宮が創建されたのが明治28年。平安時代ではありません。意外と最近です。

路面電車の開業も同じく明治28年

京都市動物園ができたのが明治36年。

日露戦争が明治37年。

二条駅ができたのも明治37年。

七条大橋の着工が明治44年。今となってはあって当たり前の風景ですが、それまでは七条大橋がなかったんですね。

これは明治時代の四条大橋です。何もありません。祇園の入り口にはとても見えません。

昭和10年(1935年)ごろの四条大橋です。南座が見えます。京阪電車の四条駅も見えます。今も川端通を走る京阪電車ですが、昔は地上を走っていたんですね。今は七条~出町柳までは全て地下ですけど。京阪電車だけでなく四条大橋には市電が走っています。今となっては不思議な風景です。

さてこの建物はなんでしょうか?昔の二条駅かなって思いましたが、これが昔の京都駅のようです。明治30年(1897年)ごろの写真です。市バスではなく路面電車全盛の時代です。現在より少し北側にあり、「七条ステンショ」と親しまれた初代駅舎です。

京都駅が開業したのは、今から約140年前のこと。明治10年2月5日に、神戸から大阪を経て、京都への鉄道駅として誕生。場所は、現在の京都駅から北へ約140mのところにあり、開業日には、明治天皇が行幸されました。盛大な開業式が行われる中、田んぼや畑の中に“レンガ造りのハイカラな駅舎”という風景が、当時の京都人の驚きと興味を誘ったといいます。その後、利用者が増えた京都駅は、大正3年8月15日に2代目の木造駅舎が誕生。この時から駅前広場ができ、南北128m東西522mもの敷地に、ひょうたん池や噴水のある庭園も完成。ルネサンス風の駅舎とともに、大都市の玄関口らしい姿になりました。

昭和51年には京都駅はこうなりました。鉄筋コンクリート造りの近代的な3代目駅舎です。総工費4億240万円で、2代目駅舎より7倍も大きく、初代から比べると12倍もの大駅舎です。私には何となく記憶があります。この時代には既に新快速が走っていたようで京都~大阪を29分、京都~三ノ宮を54分で走っていたそうです。早いですね。東京オリンピックが開催された昭和39年には、東京-新大阪間の新幹線が開通し、京都駅の八条口も誕生しました。

そして、昭和50年代の中頃から駅舎の建て替えを望む声があがっていたことをきっかけに、全部ぶっこわされ、平成9年に現在の4代目駅舎が誕生しました。

さて次は祇園です。

祇園石段下と書かれています。私は知りませんでしたが、四条通と東大路の交差点のことを、「祇園石段下」と言っているようです。奥に見える建物が八坂神社ですね。大正時代の写真のようです。

これは昭和中期の祇園祭の様子です。長刀鉾が見えます。

三菱銀行、富士銀行といった懐かしい看板が見えます。活気ある風景ですね。

 

ちなみに今も昔も閑散としてる四条通の地下道ですが、この通りを何とかにぎやかにするための店舗設置案がまたしても見送りになったようです。新聞には「通行の妨げになるため断念」と書いてありましたが、私はそれにより影響が出るどこかの団体が猛反対したのだと思っています。

今年も祇園祭がはじまりました

京都の祇園祭は、毎年7月1日から31日まで一ヶ月間もの長期間、開催される夏祭りです。
しかし祇園祭の開催期間中ずっと露店が出ているわけではありません。

祇園祭で町に露店が並ぶ日は、限定されています。

前祭と呼ばれているうちの、以下の二日間のみです。

14日(宵々々山)・7月15日(宵々山)・7月16日(宵山)

この3日間は先祭りと呼ばれ、たくさんの露店が並びます。しかも15日(宵々山)と16日(宵山)については、四条烏丸から河原町まで歩行者天国となります。

お店によっては21・22・23日の後祭りにも屋台を出すお店もあります。

もちろん、八坂神社や円山公園には露店がほぼ毎日出ています。

 

昨年までは毎年参加していましたが、今年は「さぁ祇園祭!」って感じにはなりません。

このたび西日本を中心に降り続いた大雨により、

亡くなられた方々にご冥福をお祈り申し上げますとともに、

被害に遭われた皆さまに心よりお見舞い申し上げます。

今なお避難されている皆様、復旧作業に従事されている皆様のご安全を心よりお祈り申し上げます。

 

 

2018年7月13日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : admin

パンダ塾

 

パンダ=上野動物園ではありません!日本のパンダといえば、まずは和歌山です!アドベンチャーワールドのパンダ繁殖&飼育は世界一です(中国を除く)。

 

それはさておき、「パンダ塾」とは、和歌山のアドベンチャーワールドで別途申し込みが必要なツアーのことです。

先日、アドベンチャーワールドへパンダ鑑賞へ行き、正式にパンダ塾生となってきました。

今のアドベンチャーワールドは、中国のパンダ研究施設の日本支部としての役割も果たしています。これまで15頭ものパンダの繁殖に成功。これは中国を除いては、世界一の頭数です。

園内では、親パンダや双子パンダ、赤ちゃんパンダ(といっても1歳なので赤ちゃんとは言えませんが。)など、多くのパンダを間近で見ることができます。

パンダ鑑賞のイメージといえば、行列や待ち時間が長く、やっと見れたとしてもすぐに後ろの人と交代…と思われる方も多いと思います。

おそらくそのイメージはマスコミでよくニュースになっている上野動物園での鑑賞スタイルのイメージです。

上野動物園は都心にあり、JR上野駅からも近いため大変アクセスが良く、都立の施設のため料金が安く、週末はお客さんが殺到しやすいので、どうしても人数や時間の制限がありがちです。

しかしアドベンチャーワールドはアクセスは良くない上(京都方面からは車で約4時間)、東京に比べて和歌山はマイナー的な存在なので、並ぶことなくパンダが鑑賞できます。しかも何頭もいますので、あちこちで見れます。

 

 

せっかく和歌山まで来たのに鑑賞だけだと物足りないと思い、パンダ塾に事前に申し込んだ上で、みっちりと学んできました。

パンダ塾の正式名称は「もっと知りたい!パンダ塾」です。ここではジャイアントパンダの魅力をたっぷり学べます。限定20名の有料の塾です。事前申し込み制ですが当日受付も枠があれば可能です。

 

講師は現役のパンダスタッフの方々。パンダの1日の様子や体の秘密についてはもちろん、毎日パンダのお世話をしているスタッフだからこそ知っているパンダのマル秘情報を聞くことができます。まだまだパンダは謎の多い生き物といいます。一般の人は入ることのできない部屋(バックヤード)を見せていただけました。今回はパンダのウンチも見せてもらいました。原則非公開のウンチ…ではなく原則非公開の塾ですので、公開できる情報はこれぐらいです。

 

塾の後は思う存分パンダ鑑賞です。

 

現在、アドベンチャーワールドでは5頭ものジャイアントパンダが暮らしています。

お父さんの「永明」えいひん

お母さんの「良浜」らうひん

双子の「桜浜」・「桃浜」おうひん・とうひん ↑ ↓

二人はすべり台などの遊具で遊んだり、いっしょにお昼寝したりといつも仲良しですが、注目してほしいのは食事シーン。

性格がちがうとはいえ、やっぱり双子。写真のように、いつの間にか同じポーズで笹を食べている姿はたまりません。さすが双子です。

時には正反対の動きもしますが、いつも二人一緒で楽しそうです。

それに比べて、今一番寂しい時期を迎えているのが末っ子の「結浜」ゆいひん ↓

結浜はまだ1歳です。しかしパンダは1歳で母親から離れなければなりません。母親の次の小作りに影響するからだそうです。

独り立ち直後の結浜は遊び相手がいなくて少し寂しそうでした。

ガラス越に見える双子の桜浜・桃浜のはしゃぎっぷりと比べると余計に寂しそうにみえます。

パンダは群れを作らず単独で生活する動物で、野生下でも1~2歳で母親のもとを離れると言われています。

結浜は9月18日に1歳の誕生日を迎え、永久歯が生えて徐々に竹を食べることができるようになってきたため、親離れの時期を迎えてしまい、10月10日に独り立ちたばかりです。がんばれ。

悩んだ結果、我が事務所に新しい事務員を招き入れました。書類逆に読んでますけど。

2017年11月2日 | カテゴリー : 旅行 | 投稿者 : admin

はじめての伊吹山登山

 

昨日初めて夜間登山を体験してきました。

山は滋賀県の米原市にある伊吹山です。京都市内から近い大文字山、愛宕山、比叡山へは年に数回登りに行っていますが、京都府以外は久々です。

前に勤務していた桑室司法書士事務所の所長が登山好きで、「伊吹山」というフレーズはしょっちゅう聞いました。毎回「ふらっと行って、ふらっと登って、ふらっと帰ってきた」的な言い方をされていたので、私は勝手に「あんな軽い感じで言うぐらいなのだから、きっと気軽に登れる山なんだろうな」と解釈し、滋賀県建築士会の若手有志による「伊吹山の山頂でご来光を見る」企画に応募し、昨日「ふらっと」行ってきました。

 

結果的には何とか、無事に頂上に到着することができましたが、雨は降るわ、霧で前が見えないわ、足場は悪いわで、二度と行きたくないと思うほどしんどかったです。

途中からずっと雨で、ドライブウェイのバスの利用を何度も考えましたが、なんとか自力で下山できました。とてもふらっと行って、ふらっと登って、ふらっと帰ってこれる山ではありません。下山後の姿は全身泥だらけで、これまでに味わったことがない壮絶な体験でした。途中ストックをお借りすることができ、本当に助けられました。

山頂は曇りでご来光は見れませんでした…(私はずっと寝てましたが)。

 

正直、あんなつらい登山は人生初めてです。

当分、登山はもういいかなって感じですが、今日は愛宕山の千日参りです…。

7/31夜から、8/1早朝に掛けて愛宕山を詣でると、千日のご利益があるというイベントのようなものです。

登山口から、山頂:愛宕神社までの道が、全てライトアップされていますので、ヘッドランプ・懐中電灯の明かりが一切なくても、この日だけはオールナイトで登れる特別な1日です。

愛宕神社千日詣り2017/7/31・8/1

参加するかどうか迷ってます。5年続けていますので、どうしようか本当に迷っています。

結局、登ってきました。二日連続の夜間登山はしんどかったです。

今回で5年連続の千日詣でとなりますので、ご利益も5,000日分を有り難く頂戴してまいりました。

この日は臨時バスが大量に出ていますが、最終24:00過ぎだということをすっかり忘れてしまい、家に帰宅できたのは深夜2時でした。

 

 

ドカ雪

京都駅から湖西線に50分間乗ると、京都とは全く違った風景になってしまっているようです。

電車が北へ駅を一つ通過するごとに積雪量が20㎝増えていくような感じです。

写真は北小松駅(大津市)です。

もはや、もとが道だったのか、駐車場だったのかすらわかりません。

道だと思ったら道路の溝かもしれません。どれが駅で、どれが線路なのか素人ではわかりません。

ニュースでは兵庫・島根・鳥取の映像がよく流れますが、滋賀県もドカ雪状態で非常に危険です。

雪かきをしないと家にも入れません。。。。みなさん雪かきとかしたことがないと言ってました。

引き続き急な積雪増加の恐れがあるため、くれぐれも交通障害や雪崩、落雪などにご注意ください。

ひっそりと時代祭がはじまっています。

以前は丸太町の事務所で働いていたので、この10月になると時代祭がはじまるなぁ~という雰囲気をひしひしと感じていたのですが、烏丸に住むようになってからは全く感じなくなってしまいました。祇園祭の時は街全体がガヤガヤしているのですが…

祇園祭、葵祭と並んで京都三大祭のひとつでもある「時代祭」は、明治時代に平安遷都1100年を記念して始まったそうです。東京遷都までの京都の風俗を平安時代まで時代を遡りながら表しており、お祭り当日は各時代の衣装をまとった行列が、京都御所の建礼門前から平安神宮までの約4.5キロの距離を絢爛豪華な衣装を着て歩きます。笛や太鼓の音色とともに総勢2,000人、長さ2kmの時代祭の行列が、街を練り歩く姿に、時代を超えた光景を目の当たりにすることでしょう。
行列をただ見るだけでも楽しいのですが、「あれは豊臣の太閤さん」「あれは紫式部」などと人物や時代背景、衣装の意味がわかればより深く楽しめます。

 

コースは例年決まっています。

京都御所建礼門前 (12:00) → 堺町御門 (12:15) → 烏丸丸太町 (12:30) → 烏丸御池 (12:50) → 河原町御池 (13:20) → 河原町三条 (13:30) → 三条大橋 (13:40) → 三条神宮道 (14:10) → 平安神宮 (14:30)となります。

当事務所が面している烏丸通・四条通は関係ありませんが、隣接しているため、当日は必ず渋滞します。

 

22日の土曜日に事務所にご来所の際は、ご注意ください。

 

出発のシーンを見るなら京都御苑 (12:00頃) で、行列全体を見たいのであれば御池通 (12:50~13:20) がおすすめです。時雨天の場合は翌日の23日に順延となりますのでご注意ください。

 

 

●時代祭祭事スケジュール

10月15日
13:30 時代祭宣状祭
本年の行列の主な参役に選ばれた平安講社員(京都市民)約500名がご神前に行列の無事執行を祈願します。
また、この日午後3時からは境内で京都市地域女性連合会会員300名による「時代祭奉祝踊り足固め」が行われます。
10月21日
10:00 時代祭前日祭
10月22日
7:00 時 代 祭
祭典には総長・奉行が参列し、平安講社を代表して総長が祭文を奏上します。
8 :00 神 幸 祭
2基のご鳳輦に御霊代をお遷しし、午前9時に行列を整えて神幸列が本宮を進発、行在所に向かい、午前10時頃建礼門前在所に到着します。
10:30 行在所祭
崇敬者並市民代表が参列し、神饌講社(京都料理組合)より神饌が献じられ、白川女の献花奉仕があります
12:00 行 列 進 発
16:00 大極殿祭並還幸祭
全行列到着後、御鳳輦を大極殿へ奉安し、延暦文官参朝列の三位が代表で祭文を奏上します。続いて御霊代をご鳳輦より本殿にお遷しして祭典を終了します。
10月23日
10:00 時代祭後日祭
祭典終了と共に祭具片付け格納を実施します。

祇園祭がはじまりました。

日本三大祭の一つ、京都祇園祭が7月1日の「吉符入り」を皮切りに始まりました。

IMG_1801

(四条烏丸の交差点)

勇壮な山鉾が街中を練り歩く巡行や、豪快な四条河原町交差点での辻回し、そして夜、多くの出店が立ち並び賑わう宵山は祇園祭が一番盛り上がる大一番で、京都が祭一色に染まるハイライト的存在と言えます。

今年の日程は下記のとおりです(7月1日~7月31日)。7月14日~17日、7月21日~24日は事務所周辺は大変混雑しますので、お車での来所はお控えください。特に24日の18時~は事務所前の「大政所御旅所」が開かれるため、ほぼ身動きがとれない状態になります。

日時 行事
1日(金)~18日(月)

吉符入(きっぷいり)※非公開

神事始めの意味で、祭りの打合せなどが行われます。この神事から祇園祭がスタートします。

 

2日(土)

くじ取り式

各山鉾町の代表者が集まり、前祭・後祭のくじを取って山鉾巡行の順番を決めます。

 

10日(日)~14日(木)

鉾建・山建(前祭)

各山鉾町で鉾や山が組み立てられます。

 

10日(日)
16:30~

お迎提灯(おむかえちょうちん)

提灯をもった行列が八坂神社を出発。京都市役所、寺町通、四条通を経て同神社へ戻り、神輿を迎えたのち、神前に舞踊を奉納します。

10日(日)
20時~

神輿洗(みこしあらい)式

神輿をたいまつで照らしながら、八坂神社から四条大橋まで担ぎ、鴨川の水で清めます。

13日(水)
11時~

長刀鉾稚児社参(なぎなたほこちごしゃさん)

長刀鉾の稚児が八坂神社にお参りします。

 

14日(木)~16日(土)
夕刻~

宵山(前祭)

詳しくはこちら

16日(土)
9時~

献茶祭

八坂神社本殿で、表千家・裏千家の家元が隔年で奉仕します。今年の奉仕は表千家です。

 

16日(土)
18:30~

石見(いわみ)神楽奉納

八坂神社の能舞台で行われます。

 

17日(日)
9時~

山鉾巡行(前祭)

詳しくはこちら

17日(日)
18時~

神幸祭神輿渡御

詳しくはこちら

18日(月)~21日(木)

鉾建・山建(後祭)

各山鉾町で鉾や山が組み立てられます。

 

21日(木)~23日(土)
夕刻~

宵山(後祭)

詳しくはこちら

24日(日)
9:30~

山鉾巡行(後祭)

詳しくはこちら

24日(日)
10時~

花傘巡行

花傘とともに、子ども神輿、獅子舞、児武者(こむしゃ)、馬長稚児(うまおさちご)、芸舞妓、祇園囃子の屋台など総勢1,000人の行列が京の町を巡行します。八坂神社帰着後、12時30分頃から祇園太鼓、獅子舞などの奉納行事が行われます。

24日(日)
17時~

還幸祭神輿渡御

詳しくはこちら

28日(木)
20時~

神輿洗式

松明を先頭に、神輿が四条大橋へ。鴨川の水で神輿を清める儀式が行われます。

31日(日)
10時~

疫神社夏越祭(えきじんじゃなごしさい)

八坂神社内の疫神社の鳥居に設けられた茅の輪をくぐり、厄除・無病息災を祈願します。

 

 

事務所のちょうど目の前に「大政所御旅所(おおまんどころおたびしょ)」があります。

「御旅所(おたびしょ)」とは、神社の祭礼において神様(ご神体をを乗せた御輿など)が巡幸の途中で休憩や宿泊をする場所、あるいは目的地の場所をいいます。
祇園祭の御輿には、スサノオ(=牛頭天王)が乗る「中御座」、クシナダ姫が乗る「東御座」、そして2人の間に生まれた8人の皇子・八柱御子神 (はやしらのみこがみ)が乗る「西御座」という3基の御輿があります。
そのうちスサノオ(=牛頭天王)と八柱御子神との御輿を「大政所」といい、かつてこの「大政所御旅所」には、祇園祭の「神輿御渡」の際にはその2基が滞在していたそうです。

この「大政所御旅所」があった場所は、現在でも小さな社が残り、神還祭の際には御輿が立ち寄り、神事が行われます。

よって24日の18時~は事務所前の「大政所御旅所」が開かれるため、ほぼ身動きがとれない状態になりますのでご注意ください。

2016年7月5日 | カテゴリー : 祇園祭 | 投稿者 : admin

黄色い新幹線「ドクターイエロー」に会えました

IMG_1442

ドクターイエローとは、新幹線区間において、線路のゆがみ具合や架線の状態、信号電流の状況などを検測しながら走行し、新幹線の軌道・電気設備・信号設備を検査するための事業用新幹線の愛称です。新幹線の高速運転を支える様々な設備の状況を走りながら測定する、言わば「新幹線のお医者さん」とも呼ばれています。

見た目が黄色なのと、遭遇率の低さから、見ると幸せになれるという都市伝説も生まれるほど人気の高い新幹線です。鉄道愛好家の中には、鉄道知識や時刻表を駆使してドクターイエローの運行予想をしている人もいますが、運行状況は極秘にされているため、正直、的中率はかなり低いです。JRによると、ドクターイエローはお客さんを乗せる新幹線ではなく特別な新幹線なので、走る日や時間は非公開なのだそうです。

なぜドクターイエローに会えたかと言うと、それはただの偶然です。司法書士には、不動産登記を行う場合の前準備として、本人確認義務というものがあります。そのため昨日は和歌山の白浜に行ってきました。通常の売買契約だと聞いていたので、確認のために当事者とお話してみたところ、実は外国籍の方が買主、しかも未成年者、その上第三者のためにする契約ありetc、全く知らされていなかった要素が入り混じった契約であったことが判明して帰りの車内ではクタクタになっていました。そして、乗換のために新大阪駅でボーっと立っていたところ、一台の黄色い新幹線が颯爽とやってきました。

テレビでは見たことはありましたが、初めて生でドクターイエローを見ることができたせいか、疲れが吹っ飛びました。

通常、京都から和歌山に行く場合は、特急くろしお1本で行くのですが、くろしおが京都から走っていない時間帯は新大阪までJRで行くことになります。そこで新快速で行こうとしたところ、旅行業主任者試験の知識を思い出しました。

JRには乗継割引というものがあります。乗り継ぎ割引とはJR線の特急列車や急行列車を乗り継ぐと特急・急行料金、指定席料金が半額になります。つまり東海道・山陽新幹線の新横浜~新下関間の新幹線停車駅から在来線の特急・急行列車にその日のうちに乗り継ぐ場合、在来線の特急・急行料金、指定席料金が半額になります。在来線から新幹線へ乗り継ぐ場合は在来線の乗車日かその翌日でも割引になります。

これを使えば京都から新大阪まで、新幹線で行っても新快速で行っても、値段がほとんど変わりません。(時間もあまり変わりませんが)

昔の旅行業法の知識が役にたち、少し得した気分になりました。

ただ今の時代、そんな知識知らなくてもyahoo路線情報とかで勝手に安くて早くて乗換が少なく済む路線を自動的に検索してくれます…。

2016年3月10日 | カテゴリー : 旅行 | 投稿者 : admin

お礼

咋年末の夜、年末までに出しておきたい登記申請や今日中に提出してしまいたい訴状の作成を抱え、一人でバタバタしていた時、当事務所の外でそわそわしていらっしゃる方がいたので、「場所に迷っているのかな」と思い、お声をかけたところ、「被害にあって、どうしていいのか困っています。HPを見てここに来ました」と慌てた様子で法律相談に来られた方がいらっしゃいました。

何か力になれるかもしれないと即座に応接室でお話を聞かせてせていただきましたが、当職の業務範囲外の相談であったため、残念ながらご依頼をお引き受けすることができませんでした。

 

という出来事がありました。

そして本日ポストの中に、その方から「急にお邪魔したにもかかわらず、丁寧に対応してくださり、ありがとうございました」と書かれた1通のお礼状が入っていました。切手が貼られていなかったので、わざわざ事務所まで来て直接投函して去っていかれたのだと思われます。

こちらこそ気を使っていただき、本当にありがとうございました。

烏丸仏光寺司法書士事務所
代表司法書士 中島忠之

2016年1月4日 | カテゴリー : 業務相談 | 投稿者 : admin

日清食品ホールディングスの株主優待が到着しました

昨日、日清食品ホールディングスから株主優待グッズをいただきました!本当にSpecial Thanksって感じです。

IMG_1177

日清食品ホールディングスは3月末と9月末の株主に、それぞれ6月と12月の年2回株主優待が届きます。

株主優待の満足度ランキングでは、常に上位にランクインされていることで株主優待愛好家の間では有名だそうです。

箱を開けると、毎回中身に圧倒されます!

IMG_1178

中身は定番ともいえる「カップヌードル」数種類はもちろん、日本初いや世界初のインスタントラーメンである「チキンラーメン」、その姉妹品「チキンラーメンどんぶり」、世界一うまいうどんと評価された「どん兵衛」数種類、他にもラ王、出前一丁、UFO、ごろっと果実のグラノーラ280g(1袋)、ココナッツサブレetc…

しかし、これらが主食とならぬよう気をつける所存であります。

 

あと、2016年のひよこちゃんカレンダーも入ってました。これは来年の事務所用カレンダーとして使います。司法書士事務所っぽくない明るい雰囲気を演出してくれるので。

ただし司法書士事務所用カレンダーとしては絶対に欠かせない六曜が入ってないので、そこは自分で書き入れることになります。

六曜(ろくよう)とは「先勝」、「友引」、「先負」、「仏滅」、「大安」、「赤口」の6種のことです。通常、あまり気にならないのですが、会社をつくるとか、家を買うといった大きなイベントの際には、気にする方が多いようですので、司法書士事務所では六曜付のカレンダーじゃないと心細いです。

ちなみに各六曜ごとに吉凶、運勢が定められています。賭け事など勝負に関する内容が多くなっていますので、行政・公共機関が発行するカレンダーや、ひよこちゃんカレンダーのようなぼんやりとしたカレンダーには六曜は記載されていないことが多いです。

とりあえず大安にだけ〇をしておきました。

IMG_1181

来年1月の大安は4日、15日、22日、27日です。この日は全体的に登記申請の件数が増えますので、法務局が込み合う傾向にあります。
字面だけみて「大安」がいい日、「仏滅」が悪い日のイメージがあるので、少し調べてみました。

先勝

「せんしょう」「さきがち」などと呼ばれる。
「先んずれば勝ち」との意味で、万事急ぐことが吉とされる。
具体的には午前中は吉、午後2時より午後6時までが凶。

友引

「ともびき」と呼ばれる。
「凶事に友を引く」との意味だが、かつては「勝負なき日」の意味で勝負事が引き分ける「共引」とも呼ばれた。
朝は吉、昼は凶、夕は大吉。ただし葬式を忌むとされる。
このことから火葬場・葬祭場は友引を休業とすることが多い。

先負

「せんぷ」「さきまけ」などと呼ばれる。
「先んずれば負け」との意味で、先勝とは逆になっており、勝負事や急用は避けるほうがよいとされる。
具体的には午前中は凶、午後は吉。

仏滅

「ぶつめつ」と呼ばれる。
「仏も滅する凶日」との意味で、婚礼や祝い事を避ける風習がある。
ただし、もとは「物滅」とされており、また仏教とは全く関係ない。

大安

「たいあん」「だいあん」と呼ばれる。
「大いに安し」との意味で、婚礼をはじめ何事にも吉とされる。

赤口

「しゃっこう」「しゃっく」「せきぐち」と呼ばれる。
「赤」という字がついていることから火の元、刃物に気をつける日とされる。
具体的には正午頃のみ吉、あとは凶とされる。

どうでしょう?六曜をどこまで大事にするかは、個人の判断による部分ですが、結婚式、車の納車日、登記申請日は大安が人気あるようです。もちろん「全然気にしませんので、とりあえず早く」って人も多いです。

ちなみに六曜に科学的な根拠は一切ありません。

 

ちなみに日清食品ホールディングスの株主の醍醐味は、これらギフトではなく、ホテルニューオータニ等の一流ホテルで行われる株主懇親会だと言われています!

 

2015年12月21日 | カテゴリー : 株主優待 | 投稿者 : admin