今年の初パンダ

今日も寒い日でしたが、 あらかじめネットで手配していたアドベンチャーワールドの入場券の有効期限が今月末までということもあり、疲れた体にムチを打って車を運転して3時間、またまたパンダに会いに行ってきました。  今年の初パンダです。

メインは昨年8月14日に生まれた赤ちゃんパンダ・彩浜(さいひん)です。彩浜という名前は先日公募で決まりました。私はめちゃくちゃ勉強したものの今回も残念ながら名づけ親にはなれませんでした。しかし、私が応募した名前はあと一歩(全体2位)までこぎつけたので、次こそは的中させたいです。

当日は日曜日ということもあり、予想通り赤ちゃんパンダがいるリーディングセンターの前は、長蛇の列でしたが、開演前である朝9時から並んだおかげで5分待ちぐらいで見ることができました。 まずはお母さんパンダの良浜(らうひん)と赤ちゃんパンダの彩浜(さいひん)のツーショットをひたすら鑑賞しました。相変わらずモフモフしてます(もちろん触ることはできませんでしたが)。

良浜(らうひん)と彩浜(さいひん)
彩浜(さいひん)

スマホ、ビデオカメラ、デジカメといった我が家にあるデジタルカメラを全て持ち込んでの撮影タイムです。ちゃんとカメラ目線してくれました。期待どおり動き回ってはコケてくれます。味もわらない時期なのに良浜のまねをして笹を食べる姿がかわいい。とにかくサービス満点の赤ちゃんパンダです。

午前11時になり、電車組が到着したこともあって、屋内の彩浜コーナーがかなり混雑してきたので、次は屋外(パンダラブコーナー)へ移動します。早速現れたのは結浜(ゆいひん)。去年きたときは母離れしたばかりの時期で、寂しそうでしたが今は堂々としてました。

結浜

アドベンチャーワールドのエースパンダとしての自覚でしようか。赤ちゃんパンダ彩浜もあと2年でこうなります。

次は双子の桜浜(おうひん)・桃浜(とうひん)。相変わらず動きがシンクロしてて見てて楽しいです。いつかは中国へ帰還することになるのかな…。

そして最後はお父さんパンダの永明(えいめい)に会いました。永明は高齢パンダということもあり、見た目はオヤジで華やかさこそないものの、白浜パンダファミリーを一から築いた男ということもあり、風格が漂います(パンダとしての格が違います)。

永明

パンダの寿命は約20年と言われる中、飼育下で自然交配し、繁殖した世界最高齢のジャイアントパンダである永明は既に26歳。人間に換算すると約80歳。にもかかわらず世界トップクラスの繁殖能力を持っていることで有名です。

最後は永明を目に焼き付けてアドベンチャーワールドを後にしました。

2019年1月30日 | カテゴリー : パンダ | 投稿者 : admin