四条地下道タイムトンネル

四条通の地下道を歩いていると「みんなの写真展~四条地下道タイムトンネル~」と書かれた看板がありました。どうやら明治維新から150年を記念した写真展のようです。

明治維新の京都は人口が以前の2/3に減少し、都市衰退の危機に陥りました。しかし京都市民は100年後、200年後の未来を見据えていたそうです。その市民ぐるみで取り組んだ復興のキセキを写真とともに紹介されていました。

上記の年表によれば

日本初の博覧会が西本願寺で開催されたのが明治4年。

第1回都をどりが開催されたのが明治5年。

西南戦争が明治10年。

日本初の公立絵画学校(京都市立芸大)ができたのが明治13年

日本初の工業高校(現京都工学院、昔の伏見工業)ができたのが明治19年。

大日本帝国憲法が発布されたのが明治22年

琵琶湖疎水の完成が明治23年。全てが日本人の手による最初の大土木工事だそうです。

日清戦争が明治27年。

平安神宮が創建されたのが明治28年。平安時代ではありません。意外と最近です。

路面電車の開業も同じく明治28年

京都市役所が開庁したのが明治31年

京都市動物園ができたのが明治36年。国内二番目の動物園だそうです。

日露戦争が明治37年。

二条駅ができたのも明治37年。

七条大橋の着工が明治44年。今となってはあって当たり前の風景ですが、それまでは七条大橋がなかったんですね。

これは明治時代の四条大橋です。何もありません。祇園の入り口にはとても見えません。

昭和10年(1935年)ごろの四条大橋です。南座が見えます。京阪電車の四条駅も見えます。今も川端通を走る京阪電車ですが、昔は地上を走っていたんですね。今は七条~出町柳までは全て地下ですけど。京阪電車だけでなく四条大橋には市電が走っています。今となっては不思議な風景です。

さてこの建物はなんでしょうか?昔の二条駅かなって思いましたが、これが昔の京都駅のようです。明治30年(1897年)ごろの写真です。市バスではなく路面電車全盛の時代です。現在より少し北側にあり、「七条ステンショ」と親しまれた初代駅舎です。

京都駅が開業したのは、今から約140年前のこと。明治10年2月5日に、神戸から大阪を経て、京都への鉄道駅として誕生。場所は、現在の京都駅から北へ約140mのところにあり、開業日には、明治天皇が行幸されました。盛大な開業式が行われる中、田んぼや畑の中に“レンガ造りのハイカラな駅舎”という風景が、当時の京都人の驚きと興味を誘ったといいます。その後、利用者が増えた京都駅は、大正3年8月15日に2代目の木造駅舎が誕生。この時から駅前広場ができ、南北128m東西522mもの敷地に、ひょうたん池や噴水のある庭園も完成。ルネサンス風の駅舎とともに、大都市の玄関口らしい姿になりました。

昭和51年には京都駅はこうなりました。鉄筋コンクリート造りの近代的な3代目駅舎です。総工費4億240万円で、2代目駅舎より7倍も大きく、初代から比べると12倍もの大駅舎です。私には何となく記憶があります。この時代には既に新快速が走っていたようで京都~大阪を29分、京都~三ノ宮を54分で走っていたそうです。早いですね。東京オリンピックが開催された昭和39年には、東京-新大阪間の新幹線が開通し、京都駅の八条口も誕生しました。

そして、昭和50年代の中頃から駅舎の建て替えを望む声があがっていたことをきっかけに、全部ぶっこわされ、平成9年に現在の4代目駅舎が誕生しました。

さて次は祇園です。

祇園石段下と書かれています。私は知りませんでしたが、四条通と東大路の交差点のことを、「祇園石段下」と言っているようです。奥に見える建物が八坂神社ですね。大正時代の写真のようです。

これは昭和中期の祇園祭の様子です。長刀鉾が見えます。

三菱銀行、富士銀行といった懐かしい看板が見えます。活気ある風景ですね。

 

ちなみに今も昔も閑散としてる四条通の地下道ですが、この通りを何とかにぎやかにするための店舗設置案がまたしても見送りになったようです。新聞には「通行の妨げになるため断念」と書いてありましたが、私はそれにより影響が出るどこかの団体が猛反対したのだと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です