祇園祭がはじまりました。

日本三大祭の一つ、京都祇園祭が7月1日の「吉符入り」を皮切りに始まりました。

IMG_1801

(四条烏丸の交差点)

勇壮な山鉾が街中を練り歩く巡行や、豪快な四条河原町交差点での辻回し、そして夜、多くの出店が立ち並び賑わう宵山は祇園祭が一番盛り上がる大一番で、京都が祭一色に染まるハイライト的存在と言えます。

今年の日程は下記のとおりです(7月1日~7月31日)。7月14日~17日、7月21日~24日は事務所周辺は大変混雑しますので、お車での来所はお控えください。特に24日の18時~は事務所前の「大政所御旅所」が開かれるため、ほぼ身動きがとれない状態になります。

日時 行事
1日(金)~18日(月)

吉符入(きっぷいり)※非公開

神事始めの意味で、祭りの打合せなどが行われます。この神事から祇園祭がスタートします。

 

2日(土)

くじ取り式

各山鉾町の代表者が集まり、前祭・後祭のくじを取って山鉾巡行の順番を決めます。

 

10日(日)~14日(木)

鉾建・山建(前祭)

各山鉾町で鉾や山が組み立てられます。

 

10日(日)
16:30~

お迎提灯(おむかえちょうちん)

提灯をもった行列が八坂神社を出発。京都市役所、寺町通、四条通を経て同神社へ戻り、神輿を迎えたのち、神前に舞踊を奉納します。

10日(日)
20時~

神輿洗(みこしあらい)式

神輿をたいまつで照らしながら、八坂神社から四条大橋まで担ぎ、鴨川の水で清めます。

13日(水)
11時~

長刀鉾稚児社参(なぎなたほこちごしゃさん)

長刀鉾の稚児が八坂神社にお参りします。

 

14日(木)~16日(土)
夕刻~

宵山(前祭)

詳しくはこちら

16日(土)
9時~

献茶祭

八坂神社本殿で、表千家・裏千家の家元が隔年で奉仕します。今年の奉仕は表千家です。

 

16日(土)
18:30~

石見(いわみ)神楽奉納

八坂神社の能舞台で行われます。

 

17日(日)
9時~

山鉾巡行(前祭)

詳しくはこちら

17日(日)
18時~

神幸祭神輿渡御

詳しくはこちら

18日(月)~21日(木)

鉾建・山建(後祭)

各山鉾町で鉾や山が組み立てられます。

 

21日(木)~23日(土)
夕刻~

宵山(後祭)

詳しくはこちら

24日(日)
9:30~

山鉾巡行(後祭)

詳しくはこちら

24日(日)
10時~

花傘巡行

花傘とともに、子ども神輿、獅子舞、児武者(こむしゃ)、馬長稚児(うまおさちご)、芸舞妓、祇園囃子の屋台など総勢1,000人の行列が京の町を巡行します。八坂神社帰着後、12時30分頃から祇園太鼓、獅子舞などの奉納行事が行われます。

24日(日)
17時~

還幸祭神輿渡御

詳しくはこちら

28日(木)
20時~

神輿洗式

松明を先頭に、神輿が四条大橋へ。鴨川の水で神輿を清める儀式が行われます。

31日(日)
10時~

疫神社夏越祭(えきじんじゃなごしさい)

八坂神社内の疫神社の鳥居に設けられた茅の輪をくぐり、厄除・無病息災を祈願します。

 

 

事務所のちょうど目の前に「大政所御旅所(おおまんどころおたびしょ)」があります。

「御旅所(おたびしょ)」とは、神社の祭礼において神様(ご神体をを乗せた御輿など)が巡幸の途中で休憩や宿泊をする場所、あるいは目的地の場所をいいます。
祇園祭の御輿には、スサノオ(=牛頭天王)が乗る「中御座」、クシナダ姫が乗る「東御座」、そして2人の間に生まれた8人の皇子・八柱御子神 (はやしらのみこがみ)が乗る「西御座」という3基の御輿があります。
そのうちスサノオ(=牛頭天王)と八柱御子神との御輿を「大政所」といい、かつてこの「大政所御旅所」には、祇園祭の「神輿御渡」の際にはその2基が滞在していたそうです。

この「大政所御旅所」があった場所は、現在でも小さな社が残り、神還祭の際には御輿が立ち寄り、神事が行われます。

よって24日の18時~は事務所前の「大政所御旅所」が開かれるため、ほぼ身動きがとれない状態になりますのでご注意ください。

2016年7月5日 | カテゴリー : 祇園祭 | 投稿者 : admin