四条地下道タイムトンネル

四条通の地下道を歩いていると「みんなの写真展~四条地下道タイムトンネル~」と書かれた看板がありました。どうやら明治維新から150年を記念した写真展のようです。

明治維新の京都は人口が以前の2/3に減少し、都市衰退の危機に陥りました。しかし京都市民は100年後、200年後の未来を見据えていたそうです。その市民ぐるみで取り組んだ復興のキセキを写真とともに紹介されていました。

上記の年表によれば

日本初の博覧会が西本願寺で開催されたのが明治4年。

第1回都をどりが開催されたのが明治5年。

西南戦争が明治10年。

日本初の公立絵画学校(京都市立芸大)ができたのが明治13年

日本初の工業高校(現京都工学院、昔の伏見工業)ができたのが明治19年。

大日本帝国憲法が発布されたのが明治22年

琵琶湖疎水の完成が明治23年。全てが日本人の手による最初の大土木工事だそうです。

日清戦争が明治27年。

平安神宮が創建されたのが明治28年。平安時代ではありません。意外と最近です。

路面電車の開業も同じく明治28年

京都市役所が開庁したのが明治31年

京都市動物園ができたのが明治36年。国内二番目の動物園だそうです。

日露戦争が明治37年。

二条駅ができたのも明治37年。

七条大橋の着工が明治44年。今となってはあって当たり前の風景ですが、それまでは七条大橋がなかったんですね。

これは明治時代の四条大橋です。何もありません。祇園の入り口にはとても見えません。

昭和10年(1935年)ごろの四条大橋です。南座が見えます。京阪電車の四条駅も見えます。今も川端通を走る京阪電車ですが、昔は地上を走っていたんですね。今は七条~出町柳までは全て地下ですけど。京阪電車だけでなく四条大橋には市電が走っています。今となっては不思議な風景です。

さてこの建物はなんでしょうか?昔の二条駅かなって思いましたが、これが昔の京都駅のようです。明治30年(1897年)ごろの写真です。市バスではなく路面電車全盛の時代です。現在より少し北側にあり、「七条ステンショ」と親しまれた初代駅舎です。

京都駅が開業したのは、今から約140年前のこと。明治10年2月5日に、神戸から大阪を経て、京都への鉄道駅として誕生。場所は、現在の京都駅から北へ約140mのところにあり、開業日には、明治天皇が行幸されました。盛大な開業式が行われる中、田んぼや畑の中に“レンガ造りのハイカラな駅舎”という風景が、当時の京都人の驚きと興味を誘ったといいます。その後、利用者が増えた京都駅は、大正3年8月15日に2代目の木造駅舎が誕生。この時から駅前広場ができ、南北128m東西522mもの敷地に、ひょうたん池や噴水のある庭園も完成。ルネサンス風の駅舎とともに、大都市の玄関口らしい姿になりました。

昭和51年には京都駅はこうなりました。鉄筋コンクリート造りの近代的な3代目駅舎です。総工費4億240万円で、2代目駅舎より7倍も大きく、初代から比べると12倍もの大駅舎です。私には何となく記憶があります。この時代には既に新快速が走っていたようで京都~大阪を29分、京都~三ノ宮を54分で走っていたそうです。早いですね。東京オリンピックが開催された昭和39年には、東京-新大阪間の新幹線が開通し、京都駅の八条口も誕生しました。

そして、昭和50年代の中頃から駅舎の建て替えを望む声があがっていたことをきっかけに、全部ぶっこわされ、平成9年に現在の4代目駅舎が誕生しました。

さて次は祇園です。

祇園石段下と書かれています。私は知りませんでしたが、四条通と東大路の交差点のことを、「祇園石段下」と言っているようです。奥に見える建物が八坂神社ですね。大正時代の写真のようです。

これは昭和中期の祇園祭の様子です。長刀鉾が見えます。

三菱銀行、富士銀行といった懐かしい看板が見えます。活気ある風景ですね。

ちなみに今も昔も閑散としてる四条通の地下道ですが、この通りを何とかにぎやかにするための店舗設置案がまたしても見送りになったようです。新聞には「通行の妨げになるため断念」と書いてありましたが、私はそれにより影響が出るどこかの団体が猛反対したのだと思っています。

ひっそりと時代祭がはじまっています。

以前は丸太町の事務所で働いていたので、この10月になると時代祭がはじまるなぁ~という雰囲気をひしひしと感じていたのですが、烏丸に住むようになってからは全く感じなくなってしまいました。祇園祭の時は街全体がガヤガヤしているのですが…

祇園祭、葵祭と並んで京都三大祭のひとつでもある「時代祭」は、明治時代に平安遷都1100年を記念して始まったそうです。東京遷都までの京都の風俗を平安時代まで時代を遡りながら表しており、お祭り当日は各時代の衣装をまとった行列が、京都御所の建礼門前から平安神宮までの約4.5キロの距離を絢爛豪華な衣装を着て歩きます。笛や太鼓の音色とともに総勢2,000人、長さ2kmの時代祭の行列が、街を練り歩く姿に、時代を超えた光景を目の当たりにすることでしょう。
行列をただ見るだけでも楽しいのですが、「あれは豊臣の太閤さん」「あれは紫式部」などと人物や時代背景、衣装の意味がわかればより深く楽しめます。

 

コースは例年決まっています。

京都御所建礼門前 (12:00) → 堺町御門 (12:15) → 烏丸丸太町 (12:30) → 烏丸御池 (12:50) → 河原町御池 (13:20) → 河原町三条 (13:30) → 三条大橋 (13:40) → 三条神宮道 (14:10) → 平安神宮 (14:30)となります。

当事務所が面している烏丸通・四条通は関係ありませんが、隣接しているため、当日は必ず渋滞します。

 

22日の土曜日に事務所にご来所の際は、ご注意ください。

 

出発のシーンを見るなら京都御苑 (12:00頃) で、行列全体を見たいのであれば御池通 (12:50~13:20) がおすすめです。時雨天の場合は翌日の23日に順延となりますのでご注意ください。

 

 

●時代祭祭事スケジュール

10月15日
13:30 時代祭宣状祭
本年の行列の主な参役に選ばれた平安講社員(京都市民)約500名がご神前に行列の無事執行を祈願します。
また、この日午後3時からは境内で京都市地域女性連合会会員300名による「時代祭奉祝踊り足固め」が行われます。
10月21日
10:00 時代祭前日祭
10月22日
7:00 時 代 祭
祭典には総長・奉行が参列し、平安講社を代表して総長が祭文を奏上します。
8 :00 神 幸 祭
2基のご鳳輦に御霊代をお遷しし、午前9時に行列を整えて神幸列が本宮を進発、行在所に向かい、午前10時頃建礼門前在所に到着します。
10:30 行在所祭
崇敬者並市民代表が参列し、神饌講社(京都料理組合)より神饌が献じられ、白川女の献花奉仕があります
12:00 行 列 進 発
16:00 大極殿祭並還幸祭
全行列到着後、御鳳輦を大極殿へ奉安し、延暦文官参朝列の三位が代表で祭文を奏上します。続いて御霊代をご鳳輦より本殿にお遷しして祭典を終了します。
10月23日
10:00 時代祭後日祭
祭典終了と共に祭具片付け格納を実施します。

祇園祭がはじまりました。

日本三大祭の一つ、京都祇園祭が7月1日の「吉符入り」を皮切りに始まりました。

IMG_1801

(四条烏丸の交差点)

勇壮な山鉾が街中を練り歩く巡行や、豪快な四条河原町交差点での辻回し、そして夜、多くの出店が立ち並び賑わう宵山は祇園祭が一番盛り上がる大一番で、京都が祭一色に染まるハイライト的存在と言えます。

今年の日程は下記のとおりです(7月1日~7月31日)。7月14日~17日、7月21日~24日は事務所周辺は大変混雑しますので、お車での来所はお控えください。特に24日の18時~は事務所前の「大政所御旅所」が開かれるため、ほぼ身動きがとれない状態になります。

日時 行事
1日(金)~18日(月)

吉符入(きっぷいり)※非公開

神事始めの意味で、祭りの打合せなどが行われます。この神事から祇園祭がスタートします。

 

2日(土)

くじ取り式

各山鉾町の代表者が集まり、前祭・後祭のくじを取って山鉾巡行の順番を決めます。

 

10日(日)~14日(木)

鉾建・山建(前祭)

各山鉾町で鉾や山が組み立てられます。

 

10日(日)
16:30~

お迎提灯(おむかえちょうちん)

提灯をもった行列が八坂神社を出発。京都市役所、寺町通、四条通を経て同神社へ戻り、神輿を迎えたのち、神前に舞踊を奉納します。

10日(日)
20時~

神輿洗(みこしあらい)式

神輿をたいまつで照らしながら、八坂神社から四条大橋まで担ぎ、鴨川の水で清めます。

13日(水)
11時~

長刀鉾稚児社参(なぎなたほこちごしゃさん)

長刀鉾の稚児が八坂神社にお参りします。

 

14日(木)~16日(土)
夕刻~

宵山(前祭)

詳しくはこちら

16日(土)
9時~

献茶祭

八坂神社本殿で、表千家・裏千家の家元が隔年で奉仕します。今年の奉仕は表千家です。

 

16日(土)
18:30~

石見(いわみ)神楽奉納

八坂神社の能舞台で行われます。

 

17日(日)
9時~

山鉾巡行(前祭)

詳しくはこちら

17日(日)
18時~

神幸祭神輿渡御

詳しくはこちら

18日(月)~21日(木)

鉾建・山建(後祭)

各山鉾町で鉾や山が組み立てられます。

 

21日(木)~23日(土)
夕刻~

宵山(後祭)

詳しくはこちら

24日(日)
9:30~

山鉾巡行(後祭)

詳しくはこちら

24日(日)
10時~

花傘巡行

花傘とともに、子ども神輿、獅子舞、児武者(こむしゃ)、馬長稚児(うまおさちご)、芸舞妓、祇園囃子の屋台など総勢1,000人の行列が京の町を巡行します。八坂神社帰着後、12時30分頃から祇園太鼓、獅子舞などの奉納行事が行われます。

24日(日)
17時~

還幸祭神輿渡御

詳しくはこちら

28日(木)
20時~

神輿洗式

松明を先頭に、神輿が四条大橋へ。鴨川の水で神輿を清める儀式が行われます。

31日(日)
10時~

疫神社夏越祭(えきじんじゃなごしさい)

八坂神社内の疫神社の鳥居に設けられた茅の輪をくぐり、厄除・無病息災を祈願します。

 

 

事務所のちょうど目の前に「大政所御旅所(おおまんどころおたびしょ)」があります。

「御旅所(おたびしょ)」とは、神社の祭礼において神様(ご神体をを乗せた御輿など)が巡幸の途中で休憩や宿泊をする場所、あるいは目的地の場所をいいます。
祇園祭の御輿には、スサノオ(=牛頭天王)が乗る「中御座」、クシナダ姫が乗る「東御座」、そして2人の間に生まれた8人の皇子・八柱御子神 (はやしらのみこがみ)が乗る「西御座」という3基の御輿があります。
そのうちスサノオ(=牛頭天王)と八柱御子神との御輿を「大政所」といい、かつてこの「大政所御旅所」には、祇園祭の「神輿御渡」の際にはその2基が滞在していたそうです。

この「大政所御旅所」があった場所は、現在でも小さな社が残り、神還祭の際には御輿が立ち寄り、神事が行われます。

よって24日の18時~は事務所前の「大政所御旅所」が開かれるため、ほぼ身動きがとれない状態になりますのでご注意ください。

2016年7月5日 | カテゴリー : 祇園祭 | 投稿者 : admin

明日は時代祭りです。

IMG_0967

明日は時代祭と鞍馬の火祭りがあります。御池通には既に観覧用のイスがスタンバイされています。
時代祭りはお昼、火祭りは夜からはじまります。

明日は時代祭と鞍馬の火祭りを行うにあたり、交通規制が京都市内のあちこちでありますので気をつけてください。火祭りに関しては深夜2時頃まで交通規制があると思われます。鞍馬からの帰る方法は、バスか叡山電鉄の2個しかないので、着いたら帰りの時間表を確認して乗り過ごさないように気をつけてください。

2015年10月21日 | カテゴリー : 旅行, 祇園祭 | 投稿者 : admin

いよいよ山鉾が建ち始めました

祇園祭2map

京都の夏を告げるビッグイベント「祇園祭」の時期が今年もやってきました。今年は宵山と3連休が重なり、例年以上の人出が予想されるそうです。ただでさえ人出が多いですが。約1カ月間をかけて行われるお祭りですが、見どころはやはり7月14日~16日の宵山と17日の山鉾巡行と言われています。祇園祭は京都八坂神社の祭礼です。歴史の長い祭りで、その華やかさと1か月にわたる期間の長さも特徴的です。「京都祇園の山鉾巡行」は、ユネスコの無形文化遺産に指定されてます。

そして昨日あたりから山鉾が建ち始めました。ビジネス街が一気に祭の雰囲気になりました。10~11日は鉾建て、12~14は山建て(前祭)です。

地図にするとこんな感じです。(クリックすると拡大されます)

IMG_0686

山鉾は、釘を使わず組み立てられます。 縄でくくられて組み立つ様は、まさに職人技です。
IMG_067

これは組み立て中の函谷鉾です。「かんこほこ」と読みます。「はこたに」ではないです。昨日の時点ではこんな感じでしたが、

IMG_0685

一日経ったら、こうなってました。

 

この他、東洞院通~油小路通の間に、鉾と山がたくさん建ちます。四本柱を貫や筋違によって胴組を組み立てていきます。固定方法は縄絡みと呼ばれる、荒縄を使った伝統的技法で、釘を1本も使わないことでもよく知られています。細い通りに高さ約25メートルもの鉾が立つ様は圧巻。夜はお囃子の練習や試し曳きが行われます。

7月14~16日は四条通と烏丸通りが夕方から歩行者天国になり、露店も出て賑やかな雰囲気に。提灯に灯りが入り、お囃子が始まると、一気に祭り気分が盛り上がります。鉾に搭乗するためには拝観券(粽の場合もある)の購入が必要で、各鉾により受付時間や見学できる場所が異なるので、山鉾町に直接確認を。

また、祇園祭では「粽」(ちまき)という笹で作られたお守りが山鉾の近くで売られています。この粽を購入する、もしくは 入場料を払うことで山鉾に登らせてもらえます。しかし、中には女性禁止のところもあります。

「ちまき」というと、笹で包まれたお餅が思い浮かぶと思いますが、祇園祭で販売されているちまきは、食べるものではありません。外見は食べるちまきと同じなので、食べ物ではないと知らずに買った観光客の人が、がっかりするといったこともあるようです。

祇園祭のちまきは、厄除けのためのもので、災難や疫病からその家の住人を守るために、玄関先に飾るものになります。

ちまきの由来ですが、昔、須佐之男命(スサノオノミコト)が宿を探していたところ、蘇民将来という人物が、貧しかったにもかかわらず宿を提供し、手厚くもてなしたそうです。それに感動した須佐之男命(スサノオノミコト)は、蘇民将来に、「この先、疫病や災いがあっても、お前の子孫であれば守ってやろう。子孫だという目印に、この芽の輪をつけておきなさい」と言ったそうです。それ以降、蘇民将来の一族は、疫病や災難を除け、代々栄えていったとのこと。
この「目印の芽の輪」が、現在のちまきのことです。 また、ちまきには、「蘇民将来子孫也」と書かれた紙(お札)をつけます。私は蘇民将来の子孫ですよという意味らしいです。

なぜちまきについて、こんなにクドクド書いたかといいますと、私が、ずっとこのちまきを食べ物だと誤解していたからです…。「玄関になんか飾ったら、腐って食べられへんやん」ってずっと思ってました…。

 

 

とうぶん京都市内での車移動はやめておいた方がよさそうです。四条通を無茶苦茶な工事しているうえに、祇園祭…。裏道も全て混んでます。時間が計算できません。バス移動も怖いです。今月は地下鉄を重宝したいと思います。

 

2015年7月11日 | カテゴリー : 祇園祭 | 投稿者 : admin